上田紬の商品紹介

御朱印帳 (ごしゅいんちょう) 18㎝×12㎝サイズ 3,520円(税込み)

上田紬の歴史

上田紬は400年ほど前、真田一族が上田城を築城した際に地場産業として始めた真田織が発祥の伝統織物です。

江戸時代には日本三大紬の1つとして一世を風靡したと言われています。 

その特徴として挙げられるのがしなやかで丈夫な風合いです。 真田も強いが上田(紬)も強いと言われていたそうです。

真田神社の御朱印を頂きに上田へ

そんな上田紬をハードカバーにした御朱印帳です。

今や空前の御朱印ブームで上田城内にある真田神社にも御朱印を頂きに県内外から沢山の方がお越しになるようになりました。 

真田神社の御朱印は季節ごとに変化しているそうなので色々なシーズンの御朱印を収集するのもいいですよね。

上田紬にゆかりのある真田家を祀っている真田神社の御朱印を上田紬の御朱印帳に頂くのはいかがでしょうか!?

色柄は5種類あり真田の赤備えをモチーフにした赤の無地、上田紬の伝統的な柄である縞柄などです。

サイズは18㎝×12㎝の大きめなサイズで、お値段は3,520円(税込み)です。

オンラインショップでも販売していますのでよろしければご覧くださいませ。 工房オンラインショップ -御朱印帳- http://koiwai-tsumugi.shop-pro.jp/?mode=cate&cbid=2545281&csid=0